飛行機に乗らなくてもマイルは貯められる!専業主婦の妻が半年で91,500マイル貯めた話

飛行機に乗らなくてもマイルは貯められる!専業主婦の妻が半年で91,500マイル貯めた話

こんにちは。ナオトです。

妻が陸マイラーになってマイルを貯めまくっているので、今日はそれを記事にしてみようと思います。

この画像は、妻は半年で91,500マイル貯めた証拠画像です。

ANAマイル口座残高

妻が言うには、まもなく家族3人でハワイ往復できるぐらいのマイルが貯まる予定だそうです。すごいっすね。今から、家族でハワイ旅行が楽しみです。

マイル貯めたいとお考えの人に、参考になればと思います。

陸マイラー?空マイラー?マイラーにも色々あるらしい

飛行機に乗るとマイルが貯まって、それを使うと飛行機に乗れるらしい、、、僕の知識はそんなもんで、特に興味もありませんでした。そんなに頻繁に飛行機に乗る訳じゃないし。

でも、旅行好きな妻は違いました。ある日突然宣言したのです。「私、陸マイラーになる!」と。

「陸マイラー⁉︎」

実はマイルを頑張って貯めている人の事を “マイラー”と呼び、更にマイラーは”陸マイラー”と”空マイラー”に分けられるそうです。はじめて知りました。

陸マイラーは、飛行機に乗らずにマイルを貯める人。空マイラーは飛行機に乗ってマイルを貯める人。

妻はこの陸マイラーになると言い出したのです。なるほど、マイルが貯まるクレジットカードを使って、買い物額の1%とか2%のマイルを貯めるってことかなと思いました。

この時僕はまだ知りませんでした。半年で91500マイルも貯められる事を。

ここでは、実際に妻がマイルを貯めた方法をお伝えします。ちなみに90000マイルあれば、ヨーロッパまで行けます。

ソラチカルートって何⁉︎

妻が実際に行っているマイルの貯め方は、クレジットカードを使ってショッピングで貯める方法ではありませんでした。

ポイントサイトで貯めたポイントをソラチカルート(通称)を使って移行するというものでした。このブログでもご紹介したことのある「ハピタス」というのがそのポイントサイトになります。

妻は他に「ちょびリッチ」というサイトも使っています。

具体的にはそれらのポイントサイトで貯めたポイントを、まずはドットマネーに交換します。ドットマネーというのはポイントの中継サイトです。

次にドットマネーからANAメトロポイントに交換します。この時、必ず必要になるのが、「Tokyo Metro To Me CARD」というクレジットカードです。

最後はANAメトロポイントからANAマイルに交換します。

この一連の流れは通称「ソラチカルート」と呼ばれています。通常、ポイントサイトからダイレクトにANAマイルに交換すると、元々のポイントの半分程度のマイルにしかなりませんが、このソラチカルートを使うとポイントの90%をマイルに交換出来ます。

メトロポイントからANAマイルへの交換が、月に20000ポイントまでと上限が決まっているので、最終的なマイルにすると18000マイルが1ヶ月に貯められます。

陸マイラーのはじめかた

では実際に陸マイラーになるにはどうすれば良いのでしょうか?

ここでは最低限必要な情報をまとめてお知らせしたいと思います。

この手順通りに進めれば、誰でも陸マイラーになって、すぐにマイルを貯め始めることが出来ます。それもフライトやショッピングでは何年もかかってしまうくらいの大量のマイルが、わずか数ヶ月で貯められるのです。

  • クレジットカード「ANA To Me CARD」の申し込みをします。

ここで大事なことは、ANAマークがついていることです。ANAの紹介プログラムがあるので、もしお知り合いにANA会員の方がいらっしゃったら紹介番号を教えてもらってください。お互いに500マイル貰えます。もし、お知り合いにANA会員がいない場合は妻が紹介者になれますのでご連絡ください。

  • ポイント交換サイト「ドットマネー」に登録します。
  • ポイント獲得サイト「ハピタス」に登録します。
  • ポイント獲得サイト「ちょびリッチ」に登録します。
  • ハピタスとちょびリッチで、どんどんポイントを貯めます。

陸マイラー的オススメ案件

では、どのようにポイントを貯めたら良いのでしょうか?

陸マイラー的に狙って行きたい案件はズバリ高額の案件です!

具体的には、クレジットカードの発行、FXの口座開設、保険の相談、購入金額100%還元の商品の購入、などがあります。

ひとつずつ見て行きましょう。

クレジットカードの発行(無料)

クレジットカードの発行では、年会費無料のカードの発行がオススメです。

発行するだけでOKなものもあれば、指定の金額分利用が必要なものもあります。ポイントの付与条件を良く確認してください。付与されるポイントは日々変わりますので、高ポイントの時に申し込む必要があります。

年会費無料のクレジットカードの発行でも、大体5000円〜10000円分のポイントが貰えます。

クレジットカードの発行で注意が必要な点は、審査に落ちずに確実に発行するという点です。一度審査に落ちると、クレジットヒストリーに傷がつき、次にクレジットカードを申し込む際に支障が出るそうです。

このため、妻はクレジットカードの申し込みは「月に1枚まで」と決めています。

FX口座の開設(無料)

FX口座の開設では、口座開設だけでOKな案件もあれば、指定の数量を取引しなければいけないものもあります。10000円以上のポイントが貰える案件も少なくありませんので、是非挑戦したい案件です。

保険相談(無料)

保険相談は、申し込むと実際にFPと会い、保険の相談をします。

相談後にアンケートに回答するとポイントが付与されるものと、保険契約をすればポイントが付与されるものとあります。実際に対面で相談をしなければいけないので、手軽さには欠けますが、ポイントは10000円以上になることも多く魅力的な案件です。

しかしながら、こちらは申し込みを行っても、保険相談の面談までこぎつけるのが難しいようです。妻は今までに2回保険相談の申し込みをしましたが、連絡がなく、保険相談が出来ませんでした(もちろんポイントの付与もなし)。

購入した金額分がポイントで戻ってくる商品を買う(つまり無料)

ポイントサイト経由で商品を買うと、購入金額がそのままポイントとして還元されるという商品があります。よく出ているのは、青汁、化粧品、健康食品、サプリメントなどです。自分の欲しい商品があればラッキーなので、是非チェックしてください。妻は化粧品などをよく購入していたようです。

で購入したものを「メルカリ」で売ってます(笑)

ソラチカルートのスケジュール

ポイントが貯まってきたらいよいよ移行していきます。月に20000ポイントまで移行出来ます。このスケジュール通りに移行すれば、無駄なく移行出来ます。

毎月1日

ちょびリッチ&ハピタスから合計20000ポイントをドットマネーへ移行。(最長7営業日で移行完了)

毎月12日

  • ドットマネーから20000ポイントをメトロポイントへ移行(翌月11日に移行完了)
  • メトロポイントから20000ポイントをANAマイルに移行(翌月3ー8日頃に移行完了)

12日にはドットマネー→メトロポイントとメトロポイント→ANAマイルの2つの移行手続きが必要になります。忘れずに行いましょう。

ポイントサイトが多すぎる!どこが1番お得なの⁉︎

妻がメインで使っていたポイントサイトは「ハピタス」と「ちょびリッチ」の2つですが、世の中には沢山のポイントサイトがあります。

案件によっては他のポイントサイト経由で申込んだ方が高ポイントが付与されるものもあります。そんな時は、「どこ得」というサイトで確認します。

こちらのサイトで案件名を検索すると、報酬金額の高い順にポイントサイトを表示してくれますので、大変便利です。

もし、ハピタスとちょびリッチ以外を利用したい場合は、ポイント交換先にドットマネーがあるかどうか確認してください。

ドットマネーがなければ、PeXでも良いです。PeXもポイント中継サイトで、ドットマネーの代わりになります。しかし、このどちらも交換先に無い場合は貯めたポイントをソラチカルートを利用して交換出来ません。

まとめ

どうでしたか?

以上が、半年で9万マイル以上貯めた内容です。

1ヶ月に18000マイル移行出来るので、単純計算では半年で108000マイルですが、初回の移行完了までに数ヶ月かかるので、少しずれています。

僕はマイルを貯めることにあまり興味がありませんでしたが、こんなに効率よく沢山のマイルが貯められる方法があることにはビックリでした。

夫婦で陸マイラー活動を行えば、更に多くのマイルが貯められると思います。旅行が好きな方は是非挑戦してもらいたいです!

んじゃ、またね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性、一児の父。「純粋に育児をしたい」&「出産後の妻のケア」を目的に約7カ月間の育児休業を取得しました。自分の育児休業経験を通じて男性目線で子育てに関する記事を書いています。これから育児休業を取得しようと検討している男性、またそのご家族の方の参考になれば幸いです。なお現在は仕事にも復帰して働いております。 →詳しいプロフィールはこちら