抱っこによる腰痛は少し回復するが・・・。そして整形外科へ。

こんにちは。ナオトです。

前回、抱っこによる腰痛で整体院に行き始めた記事を書きました。

抱っこによる腰痛から「整体院」へ。歪んだ身体は治るのか?

2016.10.09

その後3回ほど整体に通いましたが、ほとんど良くならず、洗面台で顔を洗う時、トイレのフタを開ける時など、前かがみになるのがツライ。

整形外科で診てもらうことに

そして最近は立っているだけで痛くなり、常時痛みが出てきたので本当にまずいと思い整形外科に行きました。

腰回りを触診してもらった所、身体を支える根幹の筋肉疲労だろうとのこと。炎症による痛みだとか。

整形外科でも、疲労のピークに達しているのだろうと言われ、対処法としては自然治癒力が働くのでしばらく腰に負担の少ない姿勢にしていれば治るとのこと。

痛み止め、湿布を貰いました。腰に負担の少ない姿勢を教えてもらいました。

電流を流す治療

また、病院で1回10分腰回りに電流を流す治療をしました。低周波のなんとかというもので、しばらく通えるなら数回やった方が良いというので3日連続で通いました。1回10分300円程度。

整形外科の先生に言われた通りにして1週間が経過し、だいぶ腰はよくなり痛みは減りました。痛み止めの薬も今は飲んでいません。

やはり身体を丸めて寝ると起きた時な腰の痛みは少ないです。仰向け、うつ伏せは腰に負担が掛かるのか、起きた時が痛いです。だからまだ完治はしていないです。

反省:はじめから整形外科に行くべきだった

今回の反省はいくつかあり、まずは整形外科に行くべきだったことです。

整体院は医者ではないので、やはり身体が歪んでいると言いゴリゴリ身体を触ります。

筋肉が疲労で炎症している時は、整体には行くと悪化する人も多いらしく、腰が治ってから身体の歪みを直す目的で行くならいいらしい。

また、熱い風呂に入ったり、整体でゴリゴリやったり、身体をまっすぐ伸ばそうとしたりということは、全てNGとのこと。これら全てやっていたので。。。そりゃ治らないわ。

まだ完全回復ではない

とはいえ、まだ完全に回復したわけではない。寝起きからしばらくは多少痛みがある状態。

引き続き様子を見るぜ。

んじゃ、またね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性、一児の父。「純粋に育児をしたい」&「出産後の妻のケア」を目的に約7カ月間の育児休業を取得しました。自分の育児休業経験を通じて男性目線で子育てに関する記事を書いています。これから育児休業を取得しようと検討している男性、またそのご家族の方の参考になれば幸いです。なお現在は仕事にも復帰して働いております。 →詳しいプロフィールはこちら