1歳児と台湾旅行!2日目〜美麗島駅・龍虎塔

こんにちは。ナオトです。

台湾2日目の朝は、息子がいつも通り5時起き。
時差1時間だし、あまり関係なく、大体同じ時間帯に目覚める。

友人らと朝8時にホテルロビーで待ち合わせをして朝食を取りに外出を予定していたから、だいぶ時間がある。
image
我々は時間を潰すためにホテル近くのセブンイレブンに出掛けてコーヒーを飲みました。

といっても、日本にあるような淹れたてコーヒーが飲めるコーヒーマシンは置いていなかったので、普通のペットボトルのコーヒー。

高雄にはコンビニ多し

image
image
高雄には、コンビニをあちこちで見かける。
セブンイレブン、ファミリーマートをよく見かけた。
売っている物は、一部は日本で売られている物と同じ。パッケージも日本語だった。
袋は有料。iPassを使えば支払いはかざすだけだから便利です。
高雄のコンビニの多くは、イートインスペースが付いている。その場で飲食できるのもいいね。

朝食

ホテル近くに「興隆居」というお店へ。
http://i.4travel.jp/shisetsu/10438106/review?dmos=os

肉まん、揚げパン、餅の入った卵焼き、豆乳カップジュースなど、朝食で人気のあるお店らしい。
朝8時過ぎに行ったら行列。流れが早いから5分程度待って注文できました。カウンターを横に進み、欲しいのがあれば言うなり、取るなりして最後にお会計という仕組み。

image
店の片側にあるスペースで食事を取ることができた。

肉まんは、頼みたい時に蒸しあがっていなくて、おばちゃんにくれと言ったが伝わらず。仕方なく他のを買いました。台湾の食事は生野菜とかサラダ的なものを始めに食べる習慣はあまりないのかもなぁ。

炭水化物、油もの、スープ中心なので、見た目以上に腹が膨れます。

ちなみに息子はこの時朝寝の時間で、妻の背中でおんぶされてグッスリ1時間寝ていた。

美麗島駅

image
美麗島駅の天井が、綺麗に装飾されているエリアがあるというので見に行った。カラフルで日本にはない感じだった。なぜかここには、若いコスプレイヤー達が続々と集合していて、写真撮影会が行われていた。息子もコスプレイヤーに興味津々の様子。じっと見つめる。

龍虎塔に登った

image
電車を乗り継ぎ、「蓮池潭」へ。
「龍虎塔」というツインタワーに登るのが目的。
しかしここに辿り着くまでに、息子を抱っこ紐でだっこして1時間以上歩いており汗びっしょり。既に疲労のピーク。

龍の塔に階段で登りました。
しばらくして龍の塔を下りました。
虎の塔に登りたい人は?と聞いたら誰もおらず。
そりゃ6階まで登って降りれば疲れます。。

息子は、妻に抱っこされて登りました。
10kg近い息子を抱えての昇り降りは、もはや筋トレ。

Global Mallというショッピングモール

image
その後は何とかバスに乗り、Global Mallというショッピングモールで食べたり飲んだり。
しかし、ショッピングモールのレストランに入り、大人4人でそこそこ食べて約1,500円は安い。
image
image
image

帰宅前にジュースを飲んでホテルに帰りました。
高雄牛乳大王というお店。180円ぐらいで日本でいうLサイズ超の飲み物が飲めます。というかサイズは選択肢がなかった。
image

いやしかし今日はよく歩いた。18,000歩以上歩いていた。
普段は6,000歩、土日歩いても12,000歩前後だから、今日はだいぶ歩いた方。痩せそう。

ホテルに戻った後息子は寝かしつけ、妻は友人らとマッサージへ。これを楽しみにしていたらしい。

ベビーカーの話

今回、台湾(高雄)は雨季で天気予報は雨だったので、日本からベビーカーを持っていってもあまり使う機会が無いだろうということと、あと最近の息子はベビーカーにそんなに乗ってくれないのであえて持っていかなかった。

この判断は正解だった。
台湾は日本ほど道が整備されていないので、駅以外は結構段差が目立つし歩きづらい。ベビーカーならもっと苦労しそう。
雨がよく降るからとはいえ、ベビーカー向け雨具を使うのも大変だし、今回は2泊だし、抱っこ紐にしようということに。

んじゃ、またね!

オススメの旅行予約サイト

楽天トラベルは、海外旅行も探せるし予約もできますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性、一児の父。「純粋に育児をしたい」&「出産後の妻のケア」を目的に約7カ月間の育児休業を取得しました。自分の育児休業経験を通じて男性目線で子育てに関する記事を書いています。これから育児休業を取得しようと検討している男性、またそのご家族の方の参考になれば幸いです。なお現在は仕事にも復帰して働いております。 →詳しいプロフィールはこちら