「成田ゆめ牧場」に赤ちゃん連れで遊びに行きました。ひまわりが最高!

こんにちは。ナオトです。

昨日、千葉県にある「成田ゆめ牧場」に初めて遊びに行きました。
生後5カ月の息子を連れての初めての長時間外出となりました。

「成田ゆめ牧場」は、自然が豊かでのんびり過ごせるいい場所でした。まだ行ったことがない人はチェックしてみてください。小さいお子さん、ベビーカー連れのお子さんもたくさんいました。

▼成田ゆめ牧場 公式ホームページはこちら

成田ゆめ牧場とは?

IMG_3457
千葉県成田市にある「成田ゆめ牧場」は、約9万坪=約30万㎡の広さ(東京ドームの約7倍)の敷地面積を持つ観光牧場です。

牧場ですから牛さんいます。乳しぼり教室はもちろん、やぎ、アヒル、ポニーなどもいます。
飲食店、休憩所、授乳室も各所にあり、赤ちゃん連れでも遊びやすい施設でした。

そして、僕が一番楽しみにしていた夏の時期限定の「ひまわり」が凄かったです。ひまわりの数と綺麗さに圧倒されます。

成田ゆめ牧場は、明治20年から搾乳専業牧場として操業してきた成田ゆめ牧場の前身となる秋葉牧場の頃に、「自分達が納得した乳製品を作りたい!」という強い気持ちから、1987年に一酪農家から観光牧場へ転身したそうです。自らが乳製品メーカーとなり、本物の乳製品作りを目指して今日にいたっています。

観光地としてはとても面白いし、1日ではとても遊びきれないぐらいコンテンツ盛りだくさんなのでこれは何度も通って遊ぶんでしょうね。乳製品作りにも相当こだわっているようで、ソフトクリームは本当に美味しかったです。

僕が一番みたかった「ひまわり」

総数78,000本のひまわりが咲いているそうで、青空の下に太陽のごとく輝くというので楽しみにしていきました。ちなみに2015年夏は8月25日頃まで見頃とのことです。

ひまわりの数と綺麗さに圧倒されます。
DSC_1091

息子とひまわりを一緒に撮影。でも指しゃぶりに夢中。
DSC_1076

[10秒] 動画で撮影してきました。

牛さんも見てきた

牛もいましたよ!

僕たちが遊びに行った日は、朝に赤ちゃんの牛が生まれたそうで、めでたい日でした。

IMG_3537 DSC_1039

食事&アイスクリーム

牧場内にはレストランが複数ありました。食事ができるレストランが5つ、アイスクリーム専門店が1つ入っていました。

食事は、ひまわり畑のすぐ横にある「ガラスハウス」というレストランで食べました。「牛乳」が濃厚でした。
DSC_1027

帰る際、「ミルキーハウス」というアイスクリームのお店に立ち寄りました。
鮮度の高い牛乳を使っているので、市販のものより味が濃くて最高にうまかったです。後にもう1つ追加注文したのは言うまでもありません。余計な味付けがされていない、ごく普通のソフトクリームを食べてみてください。全然違いますから。

参考までにこれは妻が注文したこちらはジェラート
DSC_1106

時間がなくできなかったこと

ひまわり畑でトロッコ列車に乗る

https://twitter.com/yumebokujo/status/634563577832079362/photo/1
これ乗りたかったなぁ。ゆめ牧場のお花畑を一周するトロッコ列車は、昔、現役の炭鉱などで走っていた本物のトロッコ列車とのこと。年に数回、本物のSLも走るそうです。乗車時間約5分。定員は大人で15名です。(500円)

ピザを食べる

牧場内にあるピザレストラン「ピザタイム」では、成田ゆめ牧場の自家製チーズを使った本格派のピザが食べられるそうで、ピザ食べたかったなぁ。入場するときに貰ったパンフレットの画像でやられました。

セグウェイに乗る

広々とした場所でセグウェイ乗ってみたかったなぁ。
料金は10分1,000円です。初回者は乗車前に講習(10分300円)。

授乳室

赤ちゃん連れだと、授乳室があるのかどうかは、大事なポイントですよね。
「成田ゆめ牧場」には、授乳室が一応3箇所あります。

3箇所のうち、2箇所は難あり(ガラスハウスの授乳室は冷房なしで狭い、もう一つはトイレ脇)です。

一番おすすめできるのは、室内休憩所ビッグバーンという所の授乳室。冷房は効いています。ベットと椅子がある個室が2つあります。

詳しくは、入場ゲート脇にある案内所で授乳室の場所や冷暖房の状況を聞くことをお勧めします。

休憩するだけなら各所に休憩できる冷房の効いたお店があちこちあるので真夏でも案外大丈夫でした。

なるべく車がお勧め!

真夏の最高気温33℃の中、ベビーカーで電車3本と送迎バス(1時間に1本)を乗り継いで、片道100分かけて行ったから言えるけど、遠い人は車で行けるなら車がおすすめ。

電車&バス、もちろんOKなんだけど、赤ちゃん連れは結構たいへんです。大人二人は最低必要です。
なんせ電車の乗換えはエレベーターを探すところからだから、予定した時間通りには進まないし、最寄駅から送迎マイクロバスなんだけど、乗る際には赤ちゃんを抱きかかえて乗ることになるので、大人が2人いてよかった。

最後に「ウシマロ」買って帰りました

ゆめ牧場の牛柄スイーツ「ウシマロ」って知っていますか?
フジテレビ「正直女子さんぽ」で紹介され人気商品らしいです。買いました。甘くておいしかったです。

息子の状況

生後5カ月の息子にとっては、8時間を超える長時間外出となりましたが、無事に帰ってこれました。
本人はどこに連れてこられたかも分からないでしょうが、自然や動物が多く、太陽がまぶしい屋外でいい刺激を受けたと思います。電車、バスにも乗ったので。

はじめての場所、人混みに行くと毎回緊張するのかすぐに真顔になります。そして一点を見つめボーッとしていることが多いです。敏感なタイプなのか。

今回の成田ゆめ牧場では、授乳しても泣いてしまって全然飲みませんでした。もうお腹が空いているはずなのに。
仕方なくミルクを作りましたが、これも飲まず。

全然飲まないので休憩スペースであやして、膝上に乗せたりして、最終的にはミルク100ccは何とか飲んでくれました。生後5カ月の赤ちゃんにしては少ない量ですけども。
夏の暑い時期だけに、数時間置きに水分は必ず取らなければいけないので、なんだかんだで休憩所に、ミルクを飲んでくれるまで1時間以上いたと思います。

自宅に戻ったら絶好調になりました。

まとめ

子供連れも楽しめる牧場っていいですね。
今度は、春の桜の季節にまた行ってみたいです。

最後に、「成田ゆめ牧場」について書かれた記事を載せておきます。参考にしてください。

んじゃ、またね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性、一児の父。「純粋に育児をしたい」&「出産後の妻のケア」を目的に約7カ月間の育児休業を取得しました。自分の育児休業経験を通じて男性目線で子育てに関する記事を書いています。これから育児休業を取得しようと検討している男性、またそのご家族の方の参考になれば幸いです。なお現在は仕事にも復帰して働いております。 →詳しいプロフィールはこちら