赤ちゃんがいるから遠出や長時間外出ができない辛さと、ストレス発散法

こんにちは。ナオトです。

赤ちゃんがいると、なかなか遠出したり、長時間外出したりが難しいですね。
まさかこんなに家にいるとは思いませんでしたよ。人って定期的に外にでないと、ストレス溜まるんですね。

本当に遠出や長時間外出ができないのか?

57193ec1b4f0373dd1ea407c9b65249b_s
できなくはないんですよ。
生後1〜2カ月を過ぎれは少々遠くに行くことならできると思うし、もう少し大きくなれば飛行機に乗って旅行も可能です。知り合いは、生後4カ月の赤ちゃんを飛行機に乗せて旅行しているし。

じゃあなぜ、遠出しないのか?

78bbda370b0b9e9fb2874c35e043c851_s
一番気にしているのは、赤ちゃんの体力が持つか、体調が悪くならないか?を心配していることが理由です。

今は特にそうだけど、真夏(真冬)は死人が出るほどどこも暑いわけで室外は選択肢から外れます。
室内に関してはきちんと空調が入っている場所でないと長い時間は滞在できないし、目的地に行くまでの道のりでも、オムツ替えや授乳場所はあるのかといったチェックが必要。赤ちゃんの荷物も大人一人分と変わらないぐらい増えます。

我が家は、自動車がないので移動は、公共交通機関ということもあります。
総合的に考えて、我が家では「今はまだ、無理して遠出しなくてもいいか」ということに落ち着きます。

新しいことをしてストレスを発散する方法

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s
ストレスを減らす方法は、好きなことをする新しいことをするに限ります。
好きなことはみんなやってると思うし、ここでは「新しいことをしてストレスを発散する方法」を挙げてみたいと思う。

家での生活を充実させる系

部屋のデザインを変えて楽しむ

カーテンを変える、家具の配置を変える、リビングに新しいマットを敷く、壁にウォールステッカーを貼る等。
我が家では、ウォールステッカーを貼って楽しんでいます。
image

庭の手入れをする

IMG_3032
僕は、芝の手入れを結構やっていました。狭い庭でも、芝を刈っている時は無心になれます。

いつもと違う料理を作る

クックパッドを参考にして、いつもと違う料理を作ると、レパートリーも増えて気分よくなります。どうせなら、自分で作らず、誰かに作ってもらうのがいいかもしれないですね。

親子写真を撮りまくる

130727101d00ff3eb8b72bae9030253c_s
子供の写真はたくさん撮るけど、親子写真って量が少ないんですよね。だからタイマーとか使って親子写真を撮ってみると案外いい写真が撮れたりして楽しいです。

近所を再発見して楽しむ

bcf0788a7761930a23020e3171817a70_s
近所の公園やスーパーには何度も通いました。もう目新しさがないんですよね。
そこでオススメしたいのは、いつもと違う公園やお店を探して行ってみること。グーグルマップで近所にどんな公園やお店があるか、もう一度じっくり見てみましょう。

新しい場所に行くには、いつもと違う道を通るわけだしイイ刺激になります。少しだけ遠いかもしれませんが、いい散歩にもなるし。途中見つけたお店に寄ってみるのもオススメ。

ネットショッピングを楽しむ

ストレス発散といえば買い物です。ナオトも子供が生まれてしばらくは、アマゾンで買いまくりました。たぶん月10回は買ってたなぁ。

子供が小さいなら、デジタル一眼レフカメラを買えば写真がとても綺麗に撮れるし(iPhoneのカメラよりも断然綺麗)、趣味にも繋がればなおよし。

デジタル一眼レフカメラで子供を撮影してみた

2015.06.14

今の時期なら秋に使う服を買うのもいいかもしれない。子供服もちょっとイイものを買うと、満足度が違いますね。

ネットで綺麗な画像を見る

2ee412dada88ba64b1b3d8a3ac48d825_m
僕がよく使っている画像サイトphoto ACですが、風景とか景色を検索すると綺麗な画像が見れます。ダウンロードしてパソコンの壁紙にしてもイイかも。

いつもと違う映画・ドラマを見る

20150421_1160_600
Huluというインターネット経由でテレビで視聴できる映像配信サービスがあります。うちも加入しているけど、少し前までやっていた宮崎あおい主演の「篤姫」は、夫婦で毎日観ていました。もうこれを見るのが唯一の楽しみでしたね。
映画やドラマが1万本揃っているらしく、あれこれ観て、何か好きな作品を見つけるというのもいいです。

んじゃ、またね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性、一児の父。「純粋に育児をしたい」&「出産後の妻のケア」を目的に約7カ月間の育児休業を取得しました。自分の育児休業経験を通じて男性目線で子育てに関する記事を書いています。これから育児休業を取得しようと検討している男性、またそのご家族の方の参考になれば幸いです。なお現在は仕事にも復帰して働いております。 →詳しいプロフィールはこちら