パパ料理のススメ。「男の料理」と「パパ料理」の違いとは?

男性の皆さん、料理をしますか?

最近は若い人も料理をするので、同年代の30代男性であれば料理をする人も多いと思いますが、それでもしない人は全くしないのではないでしょうか。

僕はこれまで7年間の一人暮らしで、チャーハン、味噌汁、野菜炒め、焼きそばは作ったことあります。本当にこれぐらい。

しかし、結婚して子供が生まれ、育児休業を機に1日3食作るようになりました。

このページは、パパの皆さんに「パパ料理」を推奨しています。やってみたら意外とできるもので、やらず嫌いかもしれません。

みなさんも今から「パパ料理」はじめてみませんか?

我が家の料理担当

aIMG_1645
我が家では、育児休業期間中は僕が料理をする担当になりました。一応、育児休業中という限定的なものです。

チャーハン、味噌汁、野菜炒め、焼きそばしか作れない僕が、まさかの1日3食を作っています。クックパッドと、レシピ本1冊を駆使して。僕の使っているレシピ本は一番下で紹介しますね。

といっても、

これは美味い、旨すぎるという料理はそう滅多には作れないし、レパートリーも少ないから3日も経たずに、また同じ料理が食卓に並ぶわけです。

それでも妻からすると、助かってるみたいですよ。

「男の料理」と「パパ料理」の違いとは?

025714
ところで「男の料理」と「パパ料理」の違いって分かりますか?

「男の料理」は、自分が好きな料理を好きなタイミングで作ることです。これは自分のために作る料理だから”趣味”といってもいいでしょう。もはやゴルフと一緒。家族に感謝はされません。

「パパ料理」は、妻や子供のために作る家庭料理です。栄養を考え、食べる人のお腹の空き具合を考慮して家族のために作る料理です。たぶん感謝されます。

「パパ料理」はいつから始める?

奥さんが料理を作っている家庭では、「パパの料理」を作る機会がないと思います。

しかしですよ、お子さんが生まれた直後は、奥さんは出産の影響で身体がだいぶ疲れているので、復活まで最低1カ月は家事もできないです。

そこで、「料理」は是非パパが作ってみてはいかがでしょうか。(出産を機にしなくても、作りたくなったら今からでもOKっす)

授乳中の食事についてはこちらを参考にしてみてください。

授乳中の食事について、料理担当の僕(夫)が気を付けていること

2015.07.28

今は、インターネットで料理のレシピが簡単に手に入る時代です。クックパッドを見ながら料理するのも、案外楽しいもんですよ。

料理中は一人で黙々と作業する感じです。

下のサイトは、僕がいつも見ているクックパッドというレシピサイトです。

料理は簡単だ! レシピを見れば誰でも作れる

f2f45f4b201f662c29b3951966a8eb74_s
会社でこれまで経験したことのない仕事を進めることはとても大変です。常に手探りで、失敗してしまうこともあるでしょう。

しかし料理は違います。

これまで先輩方が作ってきた秘伝の「レシピ」があるわけです。しかも、ネットを使えばタダで手に入る。レシピ通りに忠実に作れば、まず失敗しません。

失敗してもマズいだけ(笑)

まずは、1品作ってみよう!

f71e3ce28bcb427c48b4f6925bfce910_s
まずは1品作ってみてください。メインの料理でも、サラダでも何でもいいです。

はじめの1品は自分が好きなものでいいんです。一人で作ってみて自信をつけることが目的ですから。

カレーライス、オムライス、パスタ、サラダ・・・?なんでもいいのです。

次は、家族に何か難易度の低そうな料理をリクエストしてもらい作ってみてください。

レシピ本を見ながら作ってみた料理 21回分

僕が、レシピ本を見ながら作った料理はこんな感じです。
何もレストランで出される小洒落た料理を作る必要はありません。家で食べる料理ですからね。

下の料理をよく見ると分かりますが、結構同じもの(ひじきの煮物とか、切り干し大根、トマトスープ等)を作っていたり、サバの缶詰を皿に入れただけのようなものもあります。

image image image image image image image image image 11378737_463360477158189_1719580919_n 11429245_831405133618790_1782751042_n image image IMG_1428 image image IMG_1446 image IMG_1326 IMG_1331 IMG_1324

覚えておくとよい料理知識

調理法とカロリーの関係

調理には、「炒める」「煮る」「焼く」「蒸す」「揚げる」などがあります。

調理方法によってカロリーが変わります。カロリーが低い順に、「蒸す」「焼く」「煮る」「炒める」「揚げる」ですね。

例えば、ナスは「蒸す」料理ならカロリー控えめにできますけど、油で「揚げる」と、ナスが油を吸って吸って吸いまくるのでハイカロリーになります。

計量は大事

男性は、大雑把な人が多いです。こういう人に限って「これが男の料理だ」とか言って料理します。僕のことですけどね。

クックパッドでも、レシピ本でも、調味料何ccや大さじ1等の表記がされていますので、慣れるまではしっかり「計る」ことがうまく味付けをするコツです。

分量の多い少ないも大事なのですが、味付けにおいては実はその調味料の比率(1:1とか、1:2とかのバランス)も大事だからです。慣れてくると計らなくても経験で味付けができます。

困った時の追加の1品を覚えよう!

4d5101dc953c902bab4d2bffe08f43b1_s
上の方で「炒める」「煮る」「焼く」「蒸す」「揚げる」という調理法があると説明しましたが、実はもう一つあるんですよ。

「そのまま」という調理法です。調理というか、包丁で切ってそのまま出すというやつです。

例えば、こんなのがオススメ!

1.トマト
 トマトを包丁で適当に切って、皿に並べて出す。これで1品完成!

2.キュウリ
 キュウリを包丁で適当に切って、皿に並べ、味噌と一緒に出す。これで1品完成!

3.アボカド
 アボカドに包丁で切れ目を入れて回転させて種をだす。適当なサイズに切って出す。これで1品完成!

 
野菜そのものの味を楽しめていいですよ!

そして、慣れてきたらこんな工夫をしてみるわけです。

1.トマトに、チーズを添えてみる。

2.キュウリだけでは淋しいので、人参を細く切ったものを添えてみる

3.アボカドには、生ハムを添えて出す。そこにオリーブオイルを垂らしたら奥さんも喜ぶ1品の完成です

僕が使っているレシピ本

このレシピ本は、普通のスーパーで売っている食材で作る事を念頭に作られた本です。だから聞いた事もないような食材は出てきません。なかなかオススメです。

最後に、絶対やって欲しい「片付け」

IMG_2082
料理の後は、片付けをしましょう。これだけは絶対です。

はじめのうちは、料理を作ることに夢中で、食事やらゴミやらお皿をその辺に放置しながら作ってしまうことも仕方ありませんが、慣れてくれば料理を作りながらゴミを片付け、料理が完成するころには、キッチンも元どおり綺麗な状態にできるかと思います。

料理を作ったはいいけど、キッチンがひどいと、奥さんに怒られると思いますので注意してください。

ちなみに、ひどい状態とは上の画像の状態です。少し前の僕の料理後です(笑)

まとめ

・料理は簡単なので、まずは1品作るところから始めてみましょう!
・無料のクックパッドというレシピサイトが役に立ちます。
・ネットでレシピを見るのが使いづらかったら、レシピ本を1冊買ってみて下さい

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性、一児の父。「純粋に育児をしたい」&「出産後の妻のケア」を目的に約7カ月間の育児休業を取得しました。自分の育児休業経験を通じて男性目線で子育てに関する記事を書いています。これから育児休業を取得しようと検討している男性、またそのご家族の方の参考になれば幸いです。なお現在は仕事にも復帰して働いております。 →詳しいプロフィールはこちら