パパもオムツ替えをしてみよう!

こんにちは。ナオトです。

乳幼児の育児というと、真っ先に思い浮かぶのが「オムツ替え」ではないでしょうか。ナオトもそうでした。

慣れないオムツ替えも1日数回やれば、年間1000回は超えますから、きっとオムツ替えマスターになれますよ!

僕は、まだ500回程度なので、マスター見習いってとこでしょうか。

嫌がらずに始めてみましょう。すぐで慣れます。ウンチもドンとこい!

オムツ替えの動画をチェック!

オムツ替えがどんなものか分からない方は、雰囲気だけでもこちらの動画を見ると勉強できます。これはパンパースが公開してる動画です。

この動画な一つ付け加えるならば、オムツ替えをするとき、今付けているオムツの下に、まず先に新しいオムツを敷くほうがやりやすいです。そして汚れたオムツを抜き取ります。

いつオムツ替えをすればいいの?

おしっこについては、オムツの中央付近におしっこしたことを示す青いラインが表示されるのですぐ分かります。気づいたらすぐ替えてあげましょう。

ウンチについては、ニオイで分かればいいのですが、分からないこともありますね。だいたい1日のうち、朝に1回、夕方1回とかって決まってくると思いますので、そろそろ出たかな?と様子をみてあげるしかないかなと思います。

うちの息子は授乳後にすることが多いです。たぶん腸が活発になるからなのでしょう。

ウンチしてもあまり不快な顔をせず、平静を装っている赤ちゃんもいると思うので(うちの息子ですけど)、あやしいなと思ったら積極的にニオイを嗅ぎにいくことをお勧めします(笑)

そのうち、ウンチしていることを妻より早く発見したら嬉しくなりますよ。

オムツ替えの手順

オムツ替えの手順をここで一から説明しようと思ったんですが、ちゃんと説明しているWebページを発見したので、こちらを参考にしてください。

オムツ替えは、子供とのコミュニケーション

418a409788b3b88f50071a4a2f9ddf5e_s
オムツを替える時は、「おしっこしたのかな?」「オムツ替えようね」とか声をかけながらやるといいです。

オムツ替えは子供とのコミュニケーションですから、不快な状態を取り除いてあげれば、子供もパパを好きになります。

生まれて間もない赤ちゃんだって、きれいなオムツにしてもらえれば何だか気持ちいいなーと感じます。

オムツ交換後は(稀に)嬉しい笑顔をしていますよ!

ウンチの色で健康チェックしよう

044115
ウンチは、子供の健康のバロメーターです。
ウンチが定期的に出ているか、量はどうか、色はどうかということを見ることで、子供が健康であるかわかります。

ウンチが定期的に出ているか確認しよう

定期的に出ているかどうかは、育児ノートに付けて毎日チェックしましょう。育児ノートは出産した病院でもらえると思いますが、なければ買うことをおすすめします。

メモ帳でもいいのですが、過去分をそれなりに振り返れるといいですね。変化を把握できるので。育児ノートのほうがたぶん管理し易いっす。

日々オムツ替えをしていると、「アレ、今日ウンチでたかな?」とか「おしっこ何回したかな?」と分からなくなることがよくあります。

ウンチもおしっこも、1日に出る回数(量)がだいたい決まっていますので、育児ノートにメモすることをおすすめします。

ウンチの色もチェックしよう

ウンチの色は大事です。
出産した病院で説明を受けたり、母子手帳にある「便色の見本カード」を見たことがある人も多いと思いますが、一度じっくり見てください。

母子手帳に「便色の見本カード」がない場合は、ネットで検索すればたくさん出てきます。こちらの母子健康手帳用便色カードを見てください。

例えば「胆道閉鎖症」という病気は、生後4か月ぐらいまでのウンチの色を見るとわかるそうで、早めに治療をすれば改善が見込まれる病気です。薄い色のウンチがサインみたいですね。

おしっこについても、あまり濃い黄色のおしっこの場合は、病院に相談したほうがいいそうです。

まとめ

・まずは、おむつ替えをやってみるべし!
・オムツ替えは、子供とコミュニケーションなので話しかけながらやることをお勧め
・ウンチの色、おしっこの色をチェックすべし
・育児ノートをつけるべし。

参考リンク

んじゃ、またね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性、一児の父。「純粋に育児をしたい」&「出産後の妻のケア」を目的に約7カ月間の育児休業を取得しました。自分の育児休業経験を通じて男性目線で子育てに関する記事を書いています。これから育児休業を取得しようと検討している男性、またそのご家族の方の参考になれば幸いです。なお現在は仕事にも復帰して働いております。 →詳しいプロフィールはこちら