赤ちゃんのよだれが多くなってきた原因と対処法。おすすめ国産クリーム、スタイなど。

こんにちは。ナオトです。

写真のように、我が子は生後4カ月を過ぎた頃からよだれが多く出るようになり、起きているときは常によだれをダラダラと流しています。

ふいてもふいても出る感じで、1時間もしないうちに、よだれかけがびしょびしょ。最近では、アゴ周りが少し赤くなってしまいました。

そこで、赤ちゃんのよだれについて調べたことを書いていきたいと思います。ご参考にしていただければ幸いです。

よだれが出る理由

33853279eb07e6dbf58d2a50541d5d22_s
よだれは、口の中の唾液があふれ出てしまったものです。
唾液は口の中を清潔に保ってくれる殺菌作用と、消化器の働きを助けるという大きな役割があります。

よだれが出ているということは、消化器の働きをしっかりと助けてくれる唾液が十分に分泌されている目安にもなります。

唾液がダラダラと垂れてしまう原因は、アゴの筋肉が未発達であるためです。これからアゴごの筋肉がしっかりと発達してくると、分泌された唾液を飲み込む力がついてくるため、垂れてくることはなくなります。

赤ちゃんのよだれはいつまで続く?

一般的に、よだれが大量に分泌され始めるのは離乳食を始める5カ月よりも少し前の3カ月ぐらいからと言われています。

離乳食が始まる生後5カ月頃から、消化のためによだれの量が増え始め、生後7カ月頃に乳歯が生え始めると口の中がむずがゆくなるので、さらによだれの分泌が増加します。

生後8~9カ月頃には口の周りの筋肉がついて、何かを飲み込むことも上手にできるようになるので、よだれがあふれ出ることが少なくなっていきます。そして、1〜2歳頃までには少しずつよだれの量も落ち着いてきます。

ただ、よだれの量も個人差があるので生後2カ月より前によだれが出てくる赤ちゃんもいれば、2歳を過ぎてもよだれの量が多い子もいます。

よだれが垂れてしまったら

よだれが多い場合は、こまめにスタイを変えてあげましょう。また、放っておくと口の周りがよだれでかぶれてしまうのでこまめにふいてあげます。

赤ちゃんの肌に優しい国産クリーム

息子は、よだれが多く出るようになって以降、アゴのあたりがただれてきました。
また冬場は感想で、頬にガサつきもありました。

そこで、評判の良いこのクリームを試したところ改善。今ではつるつるです。

パックスベビー ボディークリームは、顔を含め全身に使えるクリームなので、口周り以外に塗ってもOKです。無着色・無香料、合成界面活性剤・合成防腐剤等の化学物質を使用していないので安心です。それに安いので日常的に使えるし結構オススメ。

赤ちゃんのよだれを改善する方法

口の筋肉が発達すれば、よだれが垂れなくなります。
トレーニングをしなくてもいずれはよだれは垂れなくなりますが、早い段階からよだれが垂れることを改善するには、次のことを試すといいそうです。

  • よだれの出始めの頃から、口のまわりを触り刺激してあげる。かるく口角を引っ張ったり唇をつまんだり。
  • 歯磨きをする際に、ブラシの裏で頬の内側を軽く押して刺激する。
  • アップアップで遊びながら、頬を膨らませ、口を閉じる練習をする。
  • ラッパや風車を吹いたりしながら遊び、頬を膨らませ口を閉じる練習をする。

遊びながら、口に刺激を与える運動をする感じです。
早い段階から、口に刺激をあたえる事を少しづつしていれば、自分で唾液を飲み込むのも早くなりそうです。

赤ちゃんのよだれが多いのはポジティブに考えよう!

よだれに関する悩みは多いものです。
しかし、赤ちゃんの成長とともによだれは自然と少なくなっていくものなので、深刻に考えることはありません。

よだれが多いこと自体は問題ありませんが、よだれかぶれなどの原因となるのでこまめにケアをしてあげましょう。但し、よだれがいつもと違い気になるときには、念のため小児科を受診しましょう。

こんなスタイなら卒業させたくない?可愛いを楽しむ


よだれかけは、どうしてもデザインが似たり寄ったりですよね。

よだれは成長の証しです。

それであれば、赤ちゃんのよだれかけのオシャレを楽しんでしまえばよいのです。

MARLMARLのよだれかけは、とにかくオシャレでかわいい。画期的かもしれない、この丸いデザインなら服も汚れないし安心です。

呼び方について(よだれかけ? スタイ? ビブ?)

よだれかけとは、皆さんが知っている日本語での呼び方です。
ビブとは英語でのよだれかけの呼び方です。英語での綴りはbibです。

そしてスタイ、ベビースタイとも言われていますが、これは乳幼児用のよだれかけという意味の和製英語とのことです。ですので日本でしか通用しません。
スタイの名前の由来は、昔、ベビー用品の輸入販売業者がベビー用のプラスチックエプロンを販売するときに、勝手にスタイと名前を付けて販売したところ、大ヒットしてしまい、日本でよだれかけをスタイと呼ぶ呼び方が定着してしまったようです。

なので、赤ちゃんのよだれかけ、ベビースタイ、ビブの違いはないそうです。みんな「よだれかけ」の意味です。

まとめ

  • 一般的には、3〜4カ月頃からよだれが目立つようになり、1〜2歳頃には目立たなくなる。
  • よだれが早い赤ちゃんは、興味や喋ることや首が据わるのが早い赤ちゃんに多い。
  • よだれが遅い赤ちゃんは、口内筋肉の発達が早いため。
  • よだれ(唾液)の理由は、授乳の消化を助け口の中の保護や殺菌をしている。
  • よだれの垂れ防止トレーニングは、口に刺激をあたえ、遊びながら口を運動させる。
  • よだれの垂れる時期だと思い、子供の成長を見守ることが大切。

んじゃ、またね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性、一児の父。「純粋に育児をしたい」&「出産後の妻のケア」を目的に約7カ月間の育児休業を取得しました。自分の育児休業経験を通じて男性目線で子育てに関する記事を書いています。これから育児休業を取得しようと検討している男性、またそのご家族の方の参考になれば幸いです。なお現在は仕事にも復帰して働いております。 →詳しいプロフィールはこちら