【0~1歳にオススメ】子供に読んであげたい絵本15選☆

こんにちは。ナオトです。

子供の絵本はたくさんあって、どの本を選べば良いのか分からないというママ・パパも多いのでないでしょうか。またプレゼント用にお考えのケースでも同様だと思います。

こちらのページでは、子供の絵本選びに迷った時に参考になるよう、長く語り継がれる「定番の絵本」、それから比較的最近に人気を集めている絵本をご紹介しています。絵本選びの参考にしてください。

なお、我が家では、2015年3月生まれの息子に読み聞かせをするために定期的に絵本を買っています。そこで反応が良かった絵本も、リストに加えていますでご参考にしてください。

また、絵本の選び方、読み聞かせのコツや注意点をこちらのページにまとめました。よろしければ参考にしてみてください。

絵本の選び方&読み聞かせのコツ

2015.07.22

絵本が常に10%オフで買えるタベソダ

2015.11.15

【0~1歳にオススメ】子供に読んであげたい絵本15選☆

461a310ec5f9df26984165f7a75831a3_s
赤ちゃんは絵本が大好きです。言葉はまだわからなくても、目や耳でめいっぱい楽しんでいます。心地よいリズムの言葉、変化のある色や形で描かれた絵本をお母さん・お父さんが語りかけるように繰り返し読んであげてください。

長年にわたり出版され続けている良質な絵本10冊

年間8000冊の絵本が登場する昨今、絵本は世の中に溢れていますね。
どう選べばいいのか迷うこともありますが、「長年にわたり出版され続けているロングセラーの絵本を選ぶ」ということも、安心の絵本選びの方法です。

1967年に発刊されて以来、50年も長い間時代を超えて、赤ちゃんの心をとらえる名作です。
「ねないこだれだ」は、我が家でも購入した絵本です。黒色が多く使われ、雰囲気は少し怖めです。
日常子どもたちが食べるくだものを、まるで実物のように描いたくだものの画集です。
小さな幼児が、ねずみさんやうさぎさんがこぼしたものをふいてあげます。赤ちゃんが「きゅっきゅっ」と口ずさむことでしょう。
「だっこしてー」とねだると、お母さんやお父さんがいろんなだっこをしてくれます。
洗練された文章とくまくんの嬉しそうな顔の絵が一体となって、思わず微笑みたくなります。
子どもたちの大好きなケーキ、クッキー、オレンジ、スイカなど「まるくておいしいもの」があらわれます。
「だれかかくれているよ でてこい でてこい」と呼びかけるとたくさんの動物たちが跳び出してきます。色と形の愉快な絵本です。
ちょっとだけ顔をのぞかせている動物。「だれかな? だれかな?」と呼びかけながらページを開くと、ねずみやうさぎ、まんぼうなどが飛び出します。「いないいないばあ」を斬新にアレンジした絵本。
こねこが寝ているところへ、ひよこがぴよぴよぴよとお散歩に出かけます。

近年、人気のある絵本5冊

昔からある絵本もよいですが、比較的最近発売された中にも良質な絵本は多くあります。この中からロングセラーとなる絵本も出てくるでしょう。気になるものがありましたら是非手にとってみてください。

赤ちゃんが大好きな「しましま」と「ぐるぐる」がたくさん描かれています。黒・白・赤のコントラストの強い配色で、生後間もない赤ちゃんにもオススメです。生後4カ月の我が子も真剣に見ています。

我が家で購入しただるまさんの絵本のシリーズ3冊セット版。かわいいダルマさんが登場。シンプルなお話です。

「しろ」と「くろ」がぐにゃーとのびたり、ちぢんだり。いっしょにあそんでいるみたい!赤ちゃんの目線で作られたおどろきの絵本で、生まれてはじめての読みきかせにぴったりです。

色鮮やかで赤ちゃんの目を惹く絵本です

「○○と○○が・・・・くっついた♪」とくっついたのところを強弱をつけて読むと赤ちゃんが喜びます!登場人物にお父さんも出てきます。

んじゃ、またね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性、一児の父。「純粋に育児をしたい」&「出産後の妻のケア」を目的に約7カ月間の育児休業を取得しました。自分の育児休業経験を通じて男性目線で子育てに関する記事を書いています。これから育児休業を取得しようと検討している男性、またそのご家族の方の参考になれば幸いです。なお現在は仕事にも復帰して働いております。 →詳しいプロフィールはこちら