育児休業中の1日の過ごし方

こんにちは、ナオトです。

僕(30代男性、会社員、2015年3月に第一子誕生)は、2015年3月から9月末まで「育児休業」を取らせていただいていいます。

このページでは、育児休業中の1日の過ごし方について、ある1日を例にとってご紹介します。

育児休業を取得する前って、どんな生活になるか分からないと思うんです。特に一人目の子供の場合。

以下は、僕のケース(子供は一人目で生後4カ月)です。子供の月齢があがれば、また生活リズムが変化するとは思いますが、生後4カ月前後だとこんな感じかぁ〜と、参考程度に読んでいただければと思います。

午前(6〜12時)

06:00
家族揃って起床。
僕は、ゴミ出し、朝食の準備。
妻は、洗濯機を回す。
子供は、おもちゃで遊ばせたりテレビを見せておく。

06:30
朝食

07:00
僕は、朝食片付け
妻は、洗濯機2回目を回しつつ、部屋をクイックルワイパー

07:30〜09:30
夫婦二人で子供の相手がメイン。

09:30
近所の公園を散歩して、帰りにスーパーで食材買い出し。
ベビーカーは、妻が押したり僕が押したり。近所のおじさまと一言会話。

11:00
帰宅

僕が、シャワーへ。
続いて、妻がシャワーへ。

僕は子供の服を脱がせスタンバイ。呼ばれたら子供を浴室に連れて行き、妻が子供を洗う。どちらが子供をお風呂に入れるかは、その日の状況次第。

その間、僕は子供の服とおむつを用意してスタンバイ。
子供がお風呂からあがったらすぐにオムツ&服を着せて、耳掃除、クリーム塗ったり。

妻がシャワーからあがったら、授乳タイム。

12:00
授乳中、僕は昼食の準備。
作る時もあれば、スーパーでお惣菜を買ってくる日もあります。

12:20
お昼ご飯タイム

昼食片付け。

午後(13〜18時)

13:00〜14:30
夫婦で室内で子供の面倒。あやす、遊ぶ、オムツ交換。
ようやく、子供が昼寝タイム(14:30〜17:00頃まで)

14:30〜16:00
くつろぎタイム。
途中、妻が洗濯物を取り込む、たたむ。

16:00〜17:00
僕は、夕ご飯の準備。
17時頃には、子供が目を覚ますので、以後寝るまで一緒に遊ぶ。

17:00〜18:00
夕ご飯

18:00〜19:00
夕ご飯片付け、子供と遊ぶ

夜(19〜21時)

19:00〜20:00
子供を寝かせるモードに切り替えるために部屋を暗くし、抱っこして寝かせる。
日によりますが1時間ぐらいかかることが多い。
20時頃に子供が寝る

20:00
僕が就寝。
疲れており、いつも早く寝る。

21:00
妻が就寝。

夜中(22〜6時)

2時間おきに授乳。

23:00
授乳タイム。妻が起きる。僕も目が覚め起きる。妻にお茶を飲ませる。

24:00
再び就寝

04:00
授乳タイム。妻が起きる。僕も目が覚め起きる。妻にお茶を飲ませる。

06:00
起床

妻と夫で業務分担すれば、もっと効率よくなるんじゃないの?

そうかもしれません。

我が家の場合、料理は僕、洗濯は妻というのは、だいたいなんとなく決まっていますが、それ以外は基本同じように行動しています。

スーパーへの買い出し、散歩、授乳、子供をあやすなどは、基本的に夫婦二人でやるようにしています。

うまく分担できればさらに効率が上がるだろうし、夫婦二人の時間も作れるのでしょうが、今は同じ経験をすることが大事かなと思っています。

あとやってみて、まだこの時期は「効率」を求めることはしたくないなと感じていました。どこかで育児は効率ではない、と感じたと言いますか。

授乳の際、夫は何しているの?

僕は、まず子供のオムツ交換をします。
その間、妻は授乳の準備をしています。

授乳中、僕は妻にお茶を出したり、自分もお茶を飲んだりしています。

授乳中、隣で旦那が爆睡していると、奥さんとしてはなんとなく気分的に良くないというか、疲れを感じやすいかと思います。

親に自由時間はあるの?

用事がある日は、どちらかが面倒を見るということはできます。
でも、今のところ、この時間帯はどちらの自由時間ね!ということは決めていないです。

お昼ごはん後に、子供が2〜3時間寝るため、この時が唯一まとまった自由時間です。
俺はこうしてブログをやったり読書をしたり、妻も好きな読書をしたり。でも睡眠不足を補うために寝ることが多いです。

育児って、なーんにもない暇な時間はありません。
子供が起きている間は、どうしても目を離せないので、何かをしながら子供を見ている状態です。

もう少し子供の年齢がいけば、少しは勝手に遊ばせておくということができるのでしょうかね。

でも、子供の成長をいつも目の前で見ることができるので、それが一番です。

ついこの前も、はじめて寝返りをしたんです。そして顔を上げたんです。夫婦で喜びました。こういうことができることは幸せだと思います。

最後に、僕の育児休業について

育児休業についての過去記事を掲載します。

パパは育休を取得します!

2014.12.18

男性の育児休業のメリット 〜取得から4カ月経過して感じたこと〜

2015.07.16

僕が育児休業を取得しようと思った理由

2015.07.16

【育休とる人へ】給料4カ月分貯蓄をしてから育休を!

2015.06.13

育児休業中の1日の過ごし方

2015.07.17

「育児休業給付金」はいつ支給された?実際の振込日と金額を公開(男性編)

2015.07.30

「休めていいね!」育児休暇に代わる別名称を考えてみる

2015.07.13

まとめ

image
いかがでしたでしょうか。参考になりましたでしょうか。

実際には、予防接種に行ったり、子供の病院に行ったり、親や友達が家に来たりといったイベントはあるのですが、何もない日はこんな感じで過ごしています。

んじゃまたね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性、一児の父。「純粋に育児をしたい」&「出産後の妻のケア」を目的に約7カ月間の育児休業を取得しました。自分の育児休業経験を通じて男性目線で子育てに関する記事を書いています。これから育児休業を取得しようと検討している男性、またそのご家族の方の参考になれば幸いです。なお現在は仕事にも復帰して働いております。 →詳しいプロフィールはこちら