夏、赤ちゃんに最適な室温・湿度は何度?夏を快適に過ごすためのお部屋環境

梅雨から夏にかけては、室内の温度や湿度が上がりやすく過ごしづらい季節ですね。
大人同様赤ちゃんにとっても過ごしづらいことは同じです。
特に1歳頃までの子供は体温調節機能が未熟な分、室内にいても熱中症になりやすいため注意が必要です。

このページでは、赤ちゃんにとって最適な気温・室温とは何度か、また夏を快適に過ごすためのお部屋環境について触れたいと思います。

赤ちゃんの快適な室温・湿度とは?

883cc97feacdb7ec859c7d70ec673967_s
赤ちゃん(乳児)の快適な室温は、夏場は26~28℃、冬場は22~23℃と言われています。最適な湿度は40~60%です。
できるだけ赤ちゃんが過ごす部屋に温度計・湿度計を置いて、こまめにチェックをするのがよいと思います。

測定する際の注意点

暖かい空気は上へ、冷たい空気は下にたまりやすいため、同じ部屋でも、天井付近と床付近では、結構温度差があります。部屋の中央部と壁側でもそれなりに違います。そのため温度計・湿度計は、赤ちゃんが寝ている場所の近くに置くことで正確に測定できます。

夏の育児で気をつけたいこと

部屋の環境

エアコンで温度・湿度をコントロールを

air
室温を26~28℃に設定し、外気温との温度差5℃程度が目安。
赤ちゃんに直接エアコンの風が当たらないようにします。室温がある程度下がってきたら、除湿モードに切り替えるなどして室温を下げ過ぎないようエアコンを使うと良いでしょう。

2~3時間おきに換気

ae663182623826930424824361cb1ffc_s
部屋を閉め切ってエアコンをつけていたら空気がよどんできます。部屋の空気は綺麗にしておきたいものです。毎食後に換気をして空気を入れ換えると快適に過ごせます。

汗対策

赤ちゃんは新陳代謝が活発なため、汗をよくかきます。

汗を吸う綿素材の服を着る

ƒvƒŠƒ“ƒg
いくら暑くても、上半身を裸にしておくことはよくありません。赤ちゃんはよく汗をかきますが、裸でいるよりも汗を吸う綿素材の服を着ていた方が快適です。

特に、首まわり・わきの下・背中に汗をかきやすいので、汗をかいているなと思ったらこまめに服を替えてあげましょう。また背中に1枚ガーゼを入れておき、汗をかいたらガーゼを抜きとることも有効です。

パパ・ママの腕にもタオル

抱っこするとき、赤ちゃんの身体に接触する部分は汗をかきやすいです。
1枚タイルをあてておくと、よいでしょう。

こまめなシャワー

夏場はどうしても汗をよくかくので、自宅にいるときはシャワーしてあげるといいです。夏に、湯船に何度もつかると体力を消耗するためシャワーで十分。あせも対策にもなります。

寝るとき

着替え

018300
汗をかいているようであれば、寝る前に服を着替えるとよいでしょう。

布団のかけすぎ注意、エアコン注意

布団のかけすぎにはご注意ください。暑すぎる場合があります。エアコンをつけているからといって何枚も布団をかける必要はありません。夏場はタオルケット1枚を胸から下にかけてあればOKです。
※エアコンの風が直接当たらないように注意してください

また赤ちゃんによっては、タオルケットをかけるとすぐに足で蹴ってしまう子もいるかと思いますので、その場合は寝るまでは何もかけずに寝かせて、眠りについたらそっとタオルケットをかけてあげるとよいです(うちの子はこのパターンでいつも寝かせます)

まとめ

ポイントは多々ありますが、赤ちゃんが室内で快適に過ごせるよう工夫してあげましょう。

以上

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性、一児の父。「純粋に育児をしたい」&「出産後の妻のケア」を目的に約7カ月間の育児休業を取得しました。自分の育児休業経験を通じて男性目線で子育てに関する記事を書いています。これから育児休業を取得しようと検討している男性、またそのご家族の方の参考になれば幸いです。なお現在は仕事にも復帰して働いております。 →詳しいプロフィールはこちら