乳幼児を連れて外食する際に参考にしたい5つのチェックポイント

ベビーカーに乗せた子供を連れての外食は、何かと気を使いますよね。ベビーカーを置くところはあるかとか、泣き出したらどうしようとか。子供がいても、人に迷惑をかけずに外食を楽しみたい!と思うのは普通のことです。

特に乳幼児を子育て中の方、出産前は外食を控えたり、出産後もすぐには外食ができませんので、気づいたらもう半年から一年も外食していないという方も多いのではないかと思います。

このページでは、乳幼児を連れて外食する際のお店の選び方や、注意点などを僕の経験でまとめました。

以下は僕が気にしている点ですが、他にこんなことをチェックするといいよとか、こうやって調べるといいよ!という情報ありましたら是非教えて下さい。

お店の選び方・チェックポイント

1.月齢の低い赤ちゃん連れも入店可能か調べる

最近は、子連れOKとか赤ちゃん歓迎といったお店も少ないですがありますね。まずはお店をネットで調べるといいです。中には「子供連れはご遠慮ください」というお店もあるようですので、入店してから嫌な思いをしないように事前にリサーチを。分からない場合は入る前に店員に聞いて確認しましょう。
image

2.ベビーカーを置くスペースの有無を確認

ベビーカーを折りたたんで置いておけるか、あるいはベビーカーのまま入れるお店なのかか確認。カウンターしかないお店は、自主的に避ける方が望ましいと思います。
お店の方もだいたいは慣れていますので、ベビーカーはどこに置いてくださいとか、あるいはベビーカーのままであれば、人の通行の邪魔にならない席に案内してくださいます。
image

3.店内の様子をネットで調べる

インターネットでお店の情報を検索すれば、店内写真、個室の有無、赤ちゃん連れOKかどうかは事前い判断できるようになります。また口コミ、レビューなども参考にすると良いです。

4.当日の店内の様子を目で見て確認

赤ちゃん連れの他のお客がいるかどうかは大変参考になりますね。それからBGMのボリュームの大きさ、店内の騒がしさ等もチェックしてみてください。多少うるさいぐらいの方が入りやすかったりします。

5.授乳室の有無を確認

店内、または近隣に授乳室があるかどうか確認しておくとよいでしょう。デパートや大型ショッピングモールは必ず設置されていますが、それ以外ですと結構ハードルが高いかもしれませんね。
135363

ベストなタイミング

乳幼児であれば、入店から退店まで寝ていてくれると助かりますね。
授乳を終え、オムツ交換を済ませ、眠りに入った直後の入店がベストではあります。難しいですけど、できればタイミングを合わせたいものです。

曜日と時間帯を考える

基本は、空いているときに行く

僕は、子供が生まれる前からそうですが、基本は店が空いているときに入店します。子供連れでも調整ができるのであれば、比較的空いている曜日・時間帯を狙っていきます。
c687a84514cc3dd9aba54734b72434de_s

ここには行かない

大人が集うレストラン

例えば、ディナー1人1万円もするような高いお店でしたら、僕なら子供連れで入る勇気はありません。やはりそういうお店は大人が利用するお店で、そこを利用する客もそういった場所を望んで利用しているでしょうから、子供がいることで不快に感じることはあると思います。

ここがオススメ

大型ショッピングモール内の飲食店

大型ショッピングモール内の飲食店は、だいたい子供連れOKだと思います。うちは近所にイオンがありますが、イオンは子供も大勢いますので子連れも多く、店側も子供には慣れています。また、フードコートなどであれば気兼ねなく利用できるかと思います。
1d9b09050b9886f20284767c54b15424_s

最近またベビーカーで入店しました

今回はイタリアン&スイーツ ブッフェの「パスティ」というお店に行きました。
かなり広い店内で、ベビーカーでもそのまま入れるということでした。奥の隅の席に着席。
こちらのお店は、BGMや客の声もそれなりにしているので、気分的には安心して食事が出来ました。

外観
image

ブッフェスタイルのお店です
image

好きなものを取って食べます
image

デザートも(パスタやご飯ものは写真撮り忘れました)
image

ベビーカーで過ごしました
image

両親が食べている姿をじっと見ています
image

途中、少し機嫌が悪くなり抱っこ
image

指しゃぶりしながら帰宅
image

以上

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性、一児の父。「純粋に育児をしたい」&「出産後の妻のケア」を目的に約7カ月間の育児休業を取得しました。自分の育児休業経験を通じて男性目線で子育てに関する記事を書いています。これから育児休業を取得しようと検討している男性、またそのご家族の方の参考になれば幸いです。なお現在は仕事にも復帰して働いております。 →詳しいプロフィールはこちら