【iPhone6/Plus】子供の動画を高画質で撮影する超簡単設定(60fpsモード)

iPhoneは、手軽に写真が動画が撮れるので使っている人は多いと思う。
僕もiPhone6プラスに変更してからはバシバシ撮りまくっていて、最近は動画撮影も。

通常iPhoneの動画撮影は30fpsで撮影されているが、設定を変えることによって60fpsで撮影する事が出来る。60fpsに設定すると、かなり滑らかでカクつきが少ない綺麗な動画を撮影する事が出来る。

「fpsって何?」

今回のポイントとなる「fps」という単位。
fpsとはframe per secondの略で、1秒で何枚画像を書き換えているかを表す単位です。
動画はいくつもの画像を連続で表示する事によって、あたかも画像が動いているかのように作られています。30fpsが60fpsになれば、値が大きくなっただけ1秒当たりの画像枚数が多い=動画滑らか、ということになる。
以下に、動き回る子供の動画を綺麗に撮ることも、iPhoneをちょっと設定すれば簡単にできるのでメモしておく。

iPhone設定方法

1.「設定」を開く
2.「写真とカメラ」を開く
3.「60fpsでビデオを撮影」をON(緑色)にする。
たったこれだけ!

IMG_1525
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性、一児の父。「純粋に育児をしたい」&「出産後の妻のケア」を目的に約7カ月間の育児休業を取得しました。自分の育児休業経験を通じて男性目線で子育てに関する記事を書いています。これから育児休業を取得しようと検討している男性、またそのご家族の方の参考になれば幸いです。なお現在は仕事にも復帰して働いております。 →詳しいプロフィールはこちら