太陽光発電システム、底値で導入するために絶対やるべきこと

こんにちは。ナオトです。

我が家では、2014年10月に自宅に太陽光発電パネル5.12kwを導入しました。振り返ってみて、価格・動作状況ともに大変満足しています。

価格について言えば、最終的には当時の底値に近い価格で、かつ近所の安心できる会社に工事をしていただくことができました。

 
過去記事「太陽光発電システム導入にあたり重視したポイント(パナソニック HIT244α、5.12kw)」でも記載しましたが、我が家はパナソニック HIT244αパネル5.12kwを全てコミコミ170万円(税込)で買うことができました。
 

底値で導入するために絶対やるべきこと

一括見積もりサイトで見積りを取る

僕は導入前、インターネットの一括見積もりサイト(タイナビ、太陽光発電全メーカー対応サイト グリーンエネルギーナビ)を利用して最終的に10社を比較しました。

一括見積りサイトのメリットは、何と言っても「安い価格で購入できること」です。ここに登録している業者は、客が一括見積りサイトで価格比較していることを当然知っていますし、利益が出るギリギリの価格を一発で提示してきます。へたに中途半端な価格を出すと、ライバルが多い分、その後の商談に進めないからだと思われます。

候補を絞り込んだら、さらに値引交渉

僕は、上記2つの一括見積りサイトを利用して合計10社から見積りを取得して、気に入った3社に声をかけ、屋根に登って採寸してもらい、正式見積もりの提示を受け、その中から1社を選択しました。
もちろん価格交渉もしました。既にかなり安い価格提示を受けているのに、最後でもう一押し。

訪問販売は高い。価格重視なら初めから除外を

ちょうど導入を検討している時、偶然にも太陽光発電の訪問販売の営業マンがうちに来て、見積りだけでも取得しないかというので取得したところ、4kwで380万円(税込)でした。

いやいや高いでしょ?買わないでしょ?

相場の2倍です。
しかし、この価格でも納得して購入する人がいるので彼らも一生懸命営業しているのだと思います。いくらで売るかは自由です。訪問販売営業マンは、見積り提示後は、繰り返し電話をして受注しようとしてきますので、価格重視で検討するなら訪問販売は始めから除外したほうがいいと思います。

僕が利用した太陽光発電の一括見積りサイト

グリーンエネルギーナビ
電気代0円の発電生活!太陽光発電のグリーンエネルギーナビで無料見積り

こちらも見ていってください

太陽光発電システム導入にあたり重視したポイント(パナソニック HIT244α、5.12kw)

2015.06.30

太陽光発電システム、底値で導入するために絶対やるべきこと

2015.04.17

太陽光発電による売電額公開(2014年実積)

2014.12.31

太陽光発電による売電額公開(2015年実積)

2015.06.17

んじゃ、またね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性、一児の父。「純粋に育児をしたい」&「出産後の妻のケア」を目的に約7カ月間の育児休業を取得しました。自分の育児休業経験を通じて男性目線で子育てに関する記事を書いています。これから育児休業を取得しようと検討している男性、またそのご家族の方の参考になれば幸いです。なお現在は仕事にも復帰して働いております。 →詳しいプロフィールはこちら