太陽光発電システム導入にあたり重視したポイント(パナソニック HIT244α、5.12kw)

こんにちは。ナオトです。

2014年10月、ついに自宅屋根に太陽光発電システムを導入しました。
もともと太陽光発電には興味があったこと、売電ができる、節電にも繋がると思っていたので導入しました。

太陽光発電を開始して半年以上が経過しましたが、今の所問題なく、当初の発電シミュレーションよりも多めに発電しており大変満足しています。

以下に太陽光発電システムの導入概要と、太陽光発電導入にあたり重視したポイントを挙げたいと思います。デメリットやリスクについても触れたいと思います。

我が家の太陽光発電システム概要

概要

発電開始:2014年10月〜
太陽光パネル:パナソニック HIT244α 21枚相当(244W×20枚+120W×2枚)
太陽電池容量 5.12kw
年間発電量(推定) 5,781 kwh/年
年間発電金額(推定) 197,262 円/年
売電単価:37円00銭/kwh

設置環境

方角 南東に1面のみ
屋根勾配 4.5寸
屋根 アスファルトシングル葺き

効果

石油削減換算 1,312リットル/年
Co2削減効果 2,916 kg-co2/年

経済的な効果

毎月の電気代の低減 月2,000〜4,000円
売電収入 月9,000〜26,000円
※シミュレーション以上に発電しているため売電収入も予想より少し上ぶれ。

検討方法、重視ポイント

・価格については、インターネットの一括見積もりサイト(太陽光発電全メーカー対応サイト グリーンエネルギーナビ)等複数の一括見積もりサイトを利用して最終的に10社を比較。
・気に入った3社に声をかけ、屋根に登って採寸してもらい、正式見積もりの提示を受け、その中から1社を選択。
・施行実積(件数、インタネットの評判)、アフターケアの充実具合、雨漏り保証有無、十分な説明があるか、会社の信頼性(創業年数、業績は帝国データバンク調査、事業所が近県にあるか)、金額、ローン利率、営業マンの誠実さ。結局全て大事。しかし太陽光の場合、一度設置してしまえば、壊れない限り、ほぼメンテナンスしなくてよいので、きちんと工事してもらえそうかというところは一番重視しました。

太陽光発電システム設置のデメリット

我が家は新築半年で太陽光パネルを設置しています。屋根に穴を開けることになるため、当然屋根(設置した南東側の屋根)については、住宅メーカーの保証から外れることになり、この点はデメリットです。この点は納得しなくてはならないポイントです。

うちの保証会社では、太陽光パネルを設置した南東側の屋根だけが保証対象外になるということでした。設置にあたりどこまで保証対象外になるかは確認が必要です。

太陽光発電システム導入における最大のリスク

太陽光発電システム導入における最大のリスクは雨漏りです。我が家は屋根材がアスファルトシングルというもので「雨漏り」が一番心配でした。

ところで、少し前までアスファルトシングルは太陽光パネル設置NGのメーカーが多かったらしく、最近所定の施工方法を実施すればOKといったメーカーが増えてきたとの話を施工業者から聞きました。

アスファルトシングルへの設置に対応した太陽光パネルメーカーかつ、施工方法がきちんと明確に決まっていることを確認しました。

太陽光発電システムの保証について

パナソニックは、機器瑕疵が15年、モジュール出力20年保証です。
ほとんどの太陽光パネルメーカーがそうだと思いますが、パナソニックについて言えば、パネル設置業者が施工時の証拠としてカメラ撮影して、パナソニックに送り審査を通過してはじめて保証書が僕に届くという仕組みになっています。そのため施工に問題があった場合、パネルメーカーは当然保証書を出さないようになっています。パナソニックが認めたのだから大丈夫だ!と信じたいですね。ちなみに太陽光パネルを設置して9カ月経過しましたが今の所問題なしです。

太陽光パネルのメーカー選び

我が家は屋根が広いわけではないため、検討初期の段階から発電量重視で「パナソニック」に決めていました。パナソニックのパネルは海外製のパネルと違い、曇りでも雨でもわずかながらに発電します。これはパナソニックの太陽光パネルの優れた点です。

導入金額

税込170万円。全てコミコミ。
上記の一括見積りサイトで200万円以下の提示をしたのは2社。ちなみに訪問販売業者は、4kwで380万円の提示でした。

P1000103
屋根:アスファルトシングル

P1000105
金具を固定

P1000111
パナソニックの太陽光パネルはアスファルトシングルにも対応した施工方法を実施すれば設置可能。

P1000106
上から流れてくる雨を避けるように、上部分のみ雨漏り対策をする

架台
フレームを付ける

P1000120
太陽光パネル設置

P1000118
別の角度から撮影

CIMG1801
少し離れて撮影


屋根に対してこのように設置

DSC_0346
パワーコンディショナー


発電シミュレーション

名称未設定 6
発電シミュレーション

僕が利用した太陽光発電の一括見積りサイト

グリーンエネルギーナビ
電気代0円の発電生活!太陽光発電のグリーンエネルギーナビで無料見積り

こちらも見ていってください

太陽光発電システム導入にあたり重視したポイント(パナソニック HIT244α、5.12kw)

2015.06.30

太陽光発電システム、底値で導入するために絶対やるべきこと

2015.04.17

太陽光発電による売電額公開(2014年実積)

2014.12.31

太陽光発電による売電額公開(2015年実積)

2015.06.17

んじゃ、またね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

30代男性、一児の父。「純粋に育児をしたい」&「出産後の妻のケア」を目的に約7カ月間の育児休業を取得しました。自分の育児休業経験を通じて男性目線で子育てに関する記事を書いています。これから育児休業を取得しようと検討している男性、またそのご家族の方の参考になれば幸いです。なお現在は仕事にも復帰して働いております。 →詳しいプロフィールはこちら